ザガーロジェネリックを5か月分処方してくれる仙台の病院

初期脱毛の症状には驚かされました

ザガーロはプロペシアの半分の容量で効き目を期待できることから興味を抱きました。
プロペシアにはいろいろな副作用が生じるリスクがあるので、少々使うことへの戸惑いがありましたし、ザガーロにも副作用はあるけれども容量が0.5mgなどからもプロペシアよりも副作用は軽めになるのではないか、このように考えカウンセリングのときにも尋ねました。
副作用は医薬品なので容量などに関係なく起きることはある、確かに半分の量なのでプロペシアと比べると軽いかもしれませんね、といった具合に教えて貰いました。
仙台のクリニックは、サガーロジェネリックも扱っていて、しかも150錠を一度に処方してくれるので通院の頻度も少なくて済む、さらに30錠よりも1箱あたりの単価が安くなるので経済的です。
服用し始めの頃はあまり効果がなかった、というよりも初期脱毛と呼ばれるものが起きて大量に抜け毛が生じました。
このようなこともカウンセリングの際に聞いていましたが、さすがに初期脱毛の症状には驚かされました。

5αリダクターゼを抑制する為の治療薬で代表的なのは、プロペシアとザガーロ。
どちらも薄毛ホルモンを生み出す原因を断つ対策となるが、プロペシアは5αリダクターゼのⅡ型にしか効き目がない。
一方ザガーロはⅠ型とⅡ型両方に効き目がある。
どちらも主な副作用は、簡単に言うと性欲減退が考えられる

— 薄毛撲滅野郎 (@UsugeBokumetsu) October 24, 2021

少々値段は高めいくつかの選択肢初期脱毛の症状には驚かされました